あにから!

「インビジブル」の歌詞

リン   GUMI   ハモリ

とんでもない現象 どうやら透明人間になりました
  万々歳は飲み込んで
ああでもないこうでもない原因推測をぶちまけて
  一つ覚えで悪かったね
まあしょうがない しょうがない 防衛本能はシタタカに
  煙たい倫理は置いといて
あんなこと そんなこと煩悩妄執ぼんのうもうしゅうもハツラツと

聞きたくなかった陰口と
焼き付いたキスシーン
リセットは別の話
もう頭が痛いよ

大嫌い嫌い嫌いな僕が 見えてますかルンパッパ
知らん 知らん 顔 して 凭もたれるナナメが欲しいだけ
楽観 楽観 達観 楽観 達観 楽観視 僕は透明人間
見えないクセして 世迷い言垂ごとだれても 意味ないじゃん

混濁とコンタクト コンダクターこんな僕を導いて
  セルカークばりの粋なシチュエイション
ああでもないこうでもない あんなことこんなこと もう沢山  
  つべこべ排他的感情論
どうやら一方通行のお友達は膠にべもなく
  随分大胆な夜遊びね
世界一無害で尚且つ傍若無人ぼうじゃくぶじんなゴミにはなれたでしょう

そこに僕がいない事
誰も気づいちゃいないでしょう
そもそもいない方が
当たり前でしたね

大嫌い嫌い嫌いな僕を 覚えてますかルンパッパ
知らん 知らん 顔 して   楽しく生きるの やめてくんない?
楽観 楽観 達観 楽観 達観 楽観視 僕は透明人間
爪噛む悪いクセ 今更止めても 意味ないじゃん

大往生だいおうじょうを前にして
しゃがれた老父は笑ってた
そうかそうか道理で
ひとりじゃ 笑えない

大 嫌い 嫌い 嫌いな僕が   張り裂けて ルンパッパ
届 かない 戯れ 言
内緒の悪口 ありがとう

大嫌い嫌い嫌いな僕を どうか忘れないで
ごめ んね それ でも 端っこでいいから座らせて

交差点 人ごみの真ん中を急ぐサラリーマンが
すれ違いざま

半身で確かに避けたんだ


いまぼくはここに