あにから!

「僕は灰猫」の歌詞

僕は灰猫
黒くも白くも無ァい
中途半端ね
汚い色ねと指差されたって
尻尾をひらり
僕はちっとも悔しくない

銀色だって僕は思う
2本の前脚 陽に透かし
(きらきらちらちら)
僕は銀色

僕は灰猫
黒くも白くも無ァい
鼠みたいね
汚れてるのねと囁かれたって
尻尾をひらり
僕はちっとも悲しくない

銀色だって僕は思う
ぴくぴく髭まで日を撥ねて
(きらきらちらちら)
僕は銀色

みっともない陰口なんか
はね飛ばせ 胸のメダル
かっこ悪い悪口なんて
聞こえるか 金のピアス

黒い猫にも
白い猫にも
ぶちの猫にも
三毛の猫にも
(もちろん、虎猫にもね)

負けたりしない
お呼びじゃないよ
カモメよりはやくはやく
駆け抜けるよ

僕は銀色
銀の王様
尻尾をひらり
かわしていく

僕は銀色
銀の王様
尻尾をひらり
誇らしげ

灰色は銀色
灰色が銀色
銀色が金色
金色が灰色

…にゃあ!

僕は灰猫
銀の王様。