あにから!

「手のひらピアニッシモ」の歌詞

優しく触れる
それはピアニッシモのようだった
優しい音色が 歩むように寄り添う
すでに君のとりこさ

君の想い 気付かないフリして
優しい裏に 何か恐れてた
疑うほど 君の優しさが
気持ちとユニゾン

揺れる鼓動 歩幅合わせて
笑いながら 何処までもゆこうよ

手のひら優しく触れる
それはピアニッシモのようだった
手を握られるだけで微睡む
弱さを知った
分かち合える尊さ
優しくされ優しくする真愛に
間違いはない

「愛されたい」 そんなきっかけでも
優しくする 勇気選べたよ
待ちぼうけの これまでの私
寄り添い唄おう

触れる指が 鼓動高めて
どこまででも 幸せになりたい

手のひら優しく触れる
それはピアニッシモのようだった
手を握られるだけで聞こえる
音色を知った
求め合える喜び
優しくされ優しくする旋律
間違いはない

手のひら優しく触れる
それはピアニッシモのようだった
手を握られるだけで微睡む
弱さを知った
分かち合える尊さ
優しくされ優しくする真愛に
言葉はいらない

手のひら優しく触れる
それはピアニッシモのようだった
手を握られるだけで微睡む
弱さを知った
分かち合える尊さ
優しくされ優しくする真愛に
言葉はいらない