あにから!

「Eternia」の歌詞

見上げた 夜空を走る
幾千の流れ星
この想い 届くように 願いを込めて

眠れない真夜中
古ぼけた時計は針を止めた

窓の外には 優しく淡い光
君の呼ぶ声 確かに今聞こえたから

駆け出す 翼広げ
大事な想いを抱いて
迷いとか 不安とか この場で捨て行こう

見上げた 夜空を走る
まっすぐな箒星
迷わずに 導いて 永遠の場所まで

星が降る真夜中
眠ってた時間は動き出した

見えない糸に 操られてる様に
探し続ける 忘れ去られてる何かを

眩い星を避けて
光が闇を切り裂く
息を飲み 見つめてる 描いた軌跡

駆け出す 想いを抱いて
解けない魔法をかけて
誰も皆 満たされる 永遠の場所なら

まだ行けるだろう? 君が笑いかける
繋いだ指の 熱が消えてしまう前に

駆け出す 翼広げ
大事な想いを抱いて
迷いとか 不安とか この場で捨て行こう

見えない絆でつなぐ
神様が恋したセカイ
誰も皆 満たされる 永遠の場所まで
永遠の場所まで…