あにから!

「光、満ちる世界へ」の歌詞

限りの世に 舞い散る夢
色褪せてゆく 遠き過去の
幸せな日々 巡る摩天楼
人はどこから来て どこへ行けと
命じられてるのか 長い永遠(とき)の中
明けぬ夜に 微かな光よ

誰かが悲しむのは 見てられない
そんな想いだけが心にあって
気付けば隣には たくさんの絆が
私は一人じゃないと Believe that I know
夜空の星達が奏でる 儚いメロディー
追憶のリズムに 心を合わせる
Lovein' the right

闇を払う この両手は
希望に溢れ 何も恐れず
立ち向かうと 胸に誓った
高貴な理想と 鮮やかな未来 
どこまでも信じて 世界の全てが 
光満ちて 輝けるように

それは過ぎ去った昔の 記憶のパズル
未完成のまま 置き忘れられた
悔やんでも仕方ない 
Once againなんて言わない
今はただこうして 委ねるだけ
例えば 誰かが 私と同じ気持ちで
暗き世に 明かりを
灯してくれたなら No regret

穢れのない 幻想はまだ
胸に抱けど 抗うことも事も 
何もできず 時間(とき)は流れて
いつの日にかもう 忘れ去った
在りし日の約束
今こそ果たして 取り戻そう 
大切な憧憬

孤独にまみれた 最果てに沈むjail
ここならきっと 森羅万象 
変わることなく 漆黒に染め上げて

限りの世に 舞い散る夢 
色褪せてゆく 遠き過去の 
幸せな日々 巡る摩天楼
人はどこから来て どこへ行けと 
命じられてるのか 長い永遠(とき)の中 
明けぬ夜に 微かな光よ

闇を払う この両手は 
希望に溢れ 何も恐れず
立ち向かうと 胸に誓った
高貴な理想と 鮮やかな未来 
どこまでも信じて
世界の全てが 光満ちて 
輝けるよう  溢れ出すよう
刻み込むように