あにから!

「Deus Ex Machina」の歌詞

天空(そら)に牙むく 摩天楼
砂上の楼閣はバベルの塔
螺旋のダイアグラム 加速するエントロピー
狂気のパラダイス 進化するイデオロギー
錆び付いた都会の 迷路に逸れても
月が導くだろう 二人巡り会える場所へ

「君ハ、選バレタ」

機械仕掛けの神が誘う 完成されたシステム
サイコロ遊びで選び抜いた 選民思想の楽園
神が隠した 数式さえ
鍵のないまま こじ開け
魔術(ゆめ)と科学(うつつ)の羽を広げ
セフィロトの樹へ導け

浮かぶ偽りの 理想郷
誰もが待ちわびた 新世界へ
椅子取りゲームで 仲良く奪い合え
心地よい安楽椅子 暴けば電気椅子
狂った時計の針に 操られても
星が教えるだろう 二人巡り会える時を

「時ハ、満チ足タリタ」

ラプラスの魔が見据えていた 予定調和の暴走
ビー玉遊びの中で善がる 完全管理の楽園
反比例する不幸を間引き 等しく与えた幸福
幻想(ゆめ)と顕界(うつつ)を侵す救世主(メシア)
セフィロトの樹へ導け

方舟に囚われ 眠る君の元へ
月と星を詠む 魔術師は辿り着く

「ソウカ、ココガ、ユートピア」

理に叛いて 陰(かげ)と陽(ひかり)が重なる
平らに均した歪な群れ 響く革命の足音
シュレーティンガーの猫を殺す 観測者の見た崩壊
匣庭遊びで築き上げた 机上空論の楽園
データを失くして パラドックス
永久駆動の ガラクタ

虚(ゆめ)と実(うつつ)の境界(さかい)を越え
クリフォトの樹へ堕ち逝け