あにから!

「カンタレラ」の歌詞

見つめ合う その視線 閉じた世界の中
気づかない ふりをしても 酔いを悟られそう

焼け付くこの心 隠して近づいて
吐息感じれば 痺れるほど

ありふれた恋心に 今罠を仕掛けて
僅かな隙間にも 足跡残さないよ

見え透いた言葉だと 君は油断してる
良く知った劇薬なら 飲み干せる気がした

錆びつく鎖から 逃れるあても無い
響く秒針に 抗うほど

たとえば深い茂みの中 滑り込ませて
繋いだ汗の香りに ただ侵されそう

ありふれた恋心に 今罠を仕掛ける
僅かな隙間 覗けば

捕まえて

たとえば深い茂みの中 滑り込ませて
繋いだ汗の香りに ただ侵されてる