あにから!

「瞬間センチメンタル」の歌詞

交わしたはずのない約束が
今日も 僕らの未来を奪おうとする

欲しがっていたものを手にしても
素直に うまく笑えないのはなぜだろう

あふれる涙は 弱さや後悔じゃない
イタミが生んだカケラで

どんな瞬間だって運命だって
ひとつだけ確かなものがあると知った
ひとりで考えちゃって 現実(いま)を迷うより
明日を 迎えにいくんだ

ずっと持ってたい 心の地雷 スイッチは切ってない
カワラナイミライ コワシタイ
いつも僕を見てる ありふれたメロディが

くだらないと 人に笑われても
キラキラ なおさら輝くのはなぜだろう

何が真実(ほんと)で嘘か リクツじゃなくて
感じていたい ココロで

きっと愛情なんて幻想だって
ごまかしたくないよ 傷ついたとしても
分かり合いたいと 強く願うほど
ぶつかることもあるから

泣けるくらい青空 交差点で 手を伸ばした
10年後もこんなふうに いられるかな 一緒に

どんな瞬間だって運命だって
ひとつだけ確かなものがあると知った
限界だって困難だって あきらめたくないよ
このまま離さないで
かたく握りしめた 君の右手のぬくもり
ここにあるから