あにから!

「バクチ・ダンサー」の歌詞

喧騒と乱舞の間に興奮する狂おしさで
掻いた汗が落ちる
嫌じゃないそういうのは
本当さ

想像するより現象を骨身の髄に刺せよ
血潮が錆びる前に

春風に磨かれて
燃えさかる薄ら紅
衝動の影にやられた
驀地ダンサー (踊ろうよ)

風前灯を消すたび自然と涎が枝垂る
パラノイドなリズム
切らさないで閉ざさないで

高揚する体に滔々とぬるま湯かけ合えば
僕たちは満たされる

青空にあこがれて
舞い上がる薄ら紅
生きるために生まれた
驀地ダンサー (踊ろうよ)

永遠に快感していよう
瞬間だけ瓶に詰めて
唯我ある飛び方で
いつかはやれるさ

春風に磨かれて
燃えさかる薄ら紅
衝動の影にやられた
驀地ダンサー

青空にあこがれて
舞い上がる薄ら紅
生きるために生まれた
驀地ダンサー