あにから!

「The Everlasting Guilty Crown」の歌詞

世界は終わりを告げようとしてる
誰にももう止められはしない
――始まる
崩壊の交響曲が鳴り響いて
降る雨はまるで涙の音色

教えて

支配し支配され人達は
いつかその心に憎しみを
そして愛することを思い出せず
争うの?

この歌が聴こえてる
生命ある全ての者よ
真実はあなたの胸の中にある
嵐の海を行く時も
決して臆することのない強さを
くれるから

けれども進むほど風は強く
希望の灯はやがて消えていく
「灯りをよこせ」と奪い合い
果てに人は殺し合う
涙などとうに枯れて

気付いて

その目は互いを認めるため
その声は想いを伝えるため
その手は大事な人と繋ぐためにある

この歌が聴こえてる
世界中の寄る辺なき者よ
希望はあなたの胸の中にある
燃え盛る焔の中でも
決して傷つくことのない強さを
くれるから

その手で守ろうとしたものは
愛する者だったのだろうか
紅く染まったその手を眺めて
やっと自らがしてきた愚かさを
過ちと認めるその罪を
とめどなくあふれるその涙を知る

この歌が聴こえてる
生命ある全ての者よ
真実はあなたの胸の中にある
嵐の海は静まった
失ったものは数えきれなくとも

この歌が聴こえてる
世界中の寄る辺なき者よ
希望はあなたの胸の中にある
悲しみの夜を超える時
必ずあなたは生きていく強さを
持てるから