あにから!

「迷子犬と雨のビート」の歌詞

日溜まりを避けて影が歩くように
止めどない日差しが路地を怒鳴りつけている
風のない午後を恨むような そんな土曜日の模様

人々は厚い雲で顔を隠して
行き場のない想いをずっと持って研いでいる
何もない街に埋もれても それでも 今でも

連なるウィンドウに並び立つ人形の悪い夢
それとも倉庫に隠れて塞いでいたって
埃だけ被って見つからない
誰の手にだって触れられない

僕たちの現在を
繰り返すことだらけでも そう
いつか君と出会おう
そんな日を思って 日々を行こう

曖昧な雨のビートの合図 寂しさが夜を満たす匂い
吸い込んだ雨が肺で泳いで 深く 深く潜るシーラカンス

曖昧な雨のビートの合図 捨てられた子犬の呼ぶ声
雑踏を分けて僕に届く ほら「誰か気付いて」と

僕たちの現在を
繰り返すことだらけでも そう
いつか君と出会おう
そんな日を思って 日々を行こう

夜の街角の
土砂降りになって震える迷子犬も
きっと はにかんで笑う
そんな日を思って 日々を行こう

僕たちの現在を
繰り返すことだらけでも そう
いつか君と出会おう
そんな日を思って 日々を行こう

生きて行こう