あにから!

「Thousand Enemies」の歌詞

不機嫌そうな君と過ごして
わかったことがひとつあるよ
そんなふりして戦うことに必死
いつまでも 変えないで 氷のように
夏の陽射し暑くても溶けずにいてね
きっと先に 美しい氷河があるよ
形あるそんな心 誰だって気づけば持ってる 君も持ってる

お腹が空いて歩けなくなって
わかったことがひとつあるよ
やるべきこと先送りにしてやりたいことばっかやってる
ご飯食べて戦う支度しよ
いつまでも 持っていたいよ 鋼のような
どんなものも通さない頑固な意地を
きっと今も立ちつくして守りの途中
行く手には 数え切れない
敵がいてあたしを待ってる 君にも待ってる

迷った時には心の地図をあたしに見せてほしい
それなら行き先すぐわかるから
自分じゃわからないだけ

さあさ進もういくつもの架け橋
いつまでも 一緒だから 恋人のように
夏の陽射し暑くても離れずいるね
きっと先に 壮大な景色が待つよ
その時は溜まっていたその気持ちぜんぶ聞いてやる
あたしも持ってる 君にも聞かす たっぷり聞かす