あにから!

「HEKIREKI」の歌詞

クリーンアイズに映る変化のない路傍の上
走り抜けるマッハ50の夢
つむじ風が手首に絡みつき
昨日の僕から食らった傷に誓う

青い空は灰色に包まれ
待ちわびたこの風が肩なでる
両の手に握り続けて来た
「青天の霹靂」というニヒルな希望

走り続ける足を止め
打ち続ける拳をひらいた
手のひらに刻んだ
今日にたどり着くための一歩

明日は明日の風が吹くさと
黄昏空で涙こらえて
やがて大人になる僕らへ
青天のHEKIREKI

敵は誰で味方は誰なんだ?
案ずるよりも生むが簡単だ
だから僕は走り、また拳を打ち
心にやどる'孤独'を追い払う

今まですっと負け続けて
だけど僕は僕に賭け続けて
消えないイメージはラッキー7
昨日の僕と競り合ったクロスカウンター

憧れ続けてた
だから道はまだ続く
こじあけた手のひらに
刻まれた「天変地異」きっと

不意打ちの雨が
この物語を閉ざしたとしても
いずれ地を固めて
僕らの歩く道となる

嵐は去り 雲の切れ間に
新たな光が また注ぐだろう
そのとき僕は僕に出逢えるかな

明日は明日の風が吹くさと
黄昏空で涙こらえて
やがて大人になる僕らへ
青天のHEKIREKI