あにから!

「君ノカケラ」の歌詞

失くした温もりをひとつひとつ並べて
色とりどりの君の欠片は笑った顔を描いた

ふたりの恋の灯が照らし出した未来に
素直になれず明かりを消して手さぐりで愛した

思い出のつくりかたも
まるで上手くならないままに
足早に過ぎる時の流れにただ身をまかせて

どこへ行けばいい
この闇の先でまた
何度さよなら言えばいい
いま君に見える世界は何が輝いている

いつもそばにいた
あの頃の君にまだ
何度さよなら言えばいい
深い心の奥で光った遥かな君の欠片

振り返る強さと振り返らぬ弱さの
隙間に落ちた君の欠片が尖った角を刺した

歩き慣れた道をただひとりで歩けば
景色も風も違う気がした 季節が変わっていく

甘い夢に愛のかたち押しつけていた
ひび割れて壊れるほど

どこへ行けばいい
この風の先でまた
何度さよなら言えばいい
かざした手のひら願いが指をすり抜けていく

いまも胸にいる
あの頃の君にまだ
何度サヨナラ言えばいい
深い心の奥で光った遥かな君の欠片

遥かな君の欠片