あにから!

「WILD EYES」の歌詞

紅い雫滲む口唇に
ふわり嘆きの霧触れてゆく
空に浮かぶ鏡美しく
遥か暗夜―よる―の彼方照らしてる

降り注ぐ数多の星に想い馳せて
しめやかに深い絆の血-いと-
強く強く結ぶ

瑠璃色に輝く綺羅の瞳
闇よりの使いに閉ざされても
繋いだ夢の橋誰も奪えないから
無限の明日映して

妖し光放つ鳴神に
甘い言葉の蜜薫り立つ
密か黒い鼓翼忍び寄る
心臓-鐘-が行き場求め呻き出す

星霜の流れに隠す歪んだ思惑-ワナ-
艶やかに鋭い牙を剥く
巡る巡る悲劇

玉響に消えゆく水泡のように
儚い物語―とき―辿る運命なら
曇りなき刃掲げ清い詩紡ぐ
譲れぬ未来のため

浅い眠り続く黎明に
独り祈り込めて織り上げた
涙 蒼い雲に刻まれて
愛しあなたの影追いかける

憎しみの炎渦巻くこの地上で
汚れなき心貫いてく
熱き熱き誓い

瑠璃色に輝く綺羅の瞳
闇よりの使いに閉ざされても
繋いだ夢の橋悠久に綴りゆく
奏でる 奇跡きっと…