あにから!

「太陽がまた輝くとき」の歌詞

手紙が届いたら 封を切らずに
そっとしまっておいて 時がたてば
僕の今の気持ち きっとわかるはずさ
最初で最後のお願い
優しくなれるほど 強くもなくて
ひたむきに愚かに 抱きしめあったね
黄昏せまる頃 ここを去る背中に
遠くの窓から勇気の矢を射るよ
外は雨が まだやまずに
濡れてる人々と街が それでも太陽信じてる
古いメロディー にじむシルエット
やわな生き様じゃとても 絵にはならないね

マーキュロ塗った後の しみる感じ
そんな懐かしさに あふれた日々
でも振り向かないで 君が決めた道は
君しか知らない夜明けに続いてる
忘れないで 忘れてくれ
今も君への想いは 嵐が逆巻く夜の海
むせび鳴いて 群はなれた
さまよう2人の道標は "希望"の2文字さ

愛する人にはいつも照れて言えないけど
本当は誰もが伝えたい心の声よ 今こそ届け

外は雨が まだやまずに
濡れてる人々と街が それでも太陽信じてる
古いメロディー にじむシルエット
やわな生き様じゃとても 絵にはならないね

忘れないで 忘れてくれ
今も君への想いは 嵐が逆巻く夜の海
むせび鳴いて 群はなれた
さまよう2人の道標は "希望"の2文字さ

外は雨が まだやまずに…