あにから!

広瀬香美(ひろせこうみ)

プロフィール

5才より音楽の英才教育を受け、作曲家を志す。日本の国立音楽大学作曲学科に通いながら、ロサンゼルスにて、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、ホイットニー・ヒューストンのヴォイス・トレーナーであるセス・リッグスに師事。国立音楽大学作曲学科卒業後も、ロサンゼルスでトレーニングしながら、作曲家を目指す。
米国滞在中に制作した自作のデモ音源が、レコード会社の耳に留まり、各レコード会社争奪のなか、ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)より1992年にデビュー。1stシングル『愛があれば大丈夫』を発表後、『ロマンスの神様』(175万枚)、ベストアルバム『The Best LOVE WINTERS』(240万枚)などが次々と大ヒットを記録する。2002年、初の全国ツアーにて日本武道館公演を成功させ、国内屈指のスーパー・ヴォーカリストとしての地位を築く。
その後、歌手活動に留まらず、作曲家・作詞家・音楽監督としても多彩なプロデュース・ワークを行い、国内外の各方面から高く賞賛されている。 現在、ロサンゼルスに拠点を置き幅広く活動中。ロサンゼルスで発行されている在留邦人向けのフリーペーパー「QOLA」では、レギュラー寄稿者として執筆中。ロサンゼルス在住の邦人として、また、国際人として、多方面で創作活動に励んでいる。さらに、ロサンゼルス在住の邦人向けのラジオでレギュラー出演番組も現在準備している。 最新のアルバム・レコーディングもロサンゼルスで行うなど、日本のポップス音楽のパフォーマーでありながら、世界各地における制作活動を展開、海外における定期的な演奏活動も計画中である。また、日米の文化的交流の担い手となるべく、日本とアメリカの双方を音楽や文化のレベルで、深く繋げていくために活動している。
教育現場においては、1999年、独自のメソッドを提唱するヴォイス・トレーニングやヴォーカル・レッスンを行う広瀬香美音楽学校を開校、自ら校長を務める。また母校である福岡女学院大学で客員教授としても教鞭を執っている。
レギュラー番組としては、2012年10月よりNHK Eテレにて「趣味Do楽 『誰でも歌はうまくなる!~広瀬香美のボーカル・レッスン~』」が放映開始。また、その話術が買われ2013年4月よりニッポン放送にて「広瀬香美ミュージックwith」もスタートした。また、2013年12月よりNHK Eテレにて「趣味Do楽『めざせカラオケ王キング! ~広瀬香美のボーカル・レッスン PART2~』」が放送されている。なお、「NHK紅白歌合戦」への出場は2013年に至るまで一度もない。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2014-09-20 00:00:00 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

性別
女性
出生地
福岡県筑紫野市
生年月日
1966-04-12
公式サイト
http://www.hirose-kohmi.jp/

広瀬香美の楽曲