あにから!

田村直美(たむらなおみ)

プロフィール

田村直美
愛知県名古屋市出身の女性ロック歌手。
名古屋市立桜田中学校卒業。 名古屋市立若宮商業高等学校卒業後「STEP」というユニットバンドを結成し、当時のCBSソニーレコード主催のオーディションに合格。その後「PEARL」としてメジャーデビューを果たした。メンバーは、田村"SHO-TA"直美(ボーカル)、大橋"KAZUYA"勇(ギター)、大野"MICHIKI"進(ベース)、宮本"HONEY"ひろ美(ドラムス)。PEARLとして4枚のアルバムを発売したのち1990年に一時活動を休止して渡米。1991年からソロプロジェクトも開始する。また、この頃「未婚の母」であることを公表し、既に長男がいたことが判明する。
1994年にパブリック・イメージ傘下のPrimitive Records(プリミティブ・レコード:配給はポリドール)に移籍し、本格的なソロ活動を展開するため芸名をSHO-TAから本名の田村直美に変更(これに先立つ1993年、PEARLの最終オリジナルアルバム『WINDOW』の作詞/作曲クレジットは、既に『田村直美』となっていた)。『カメリアダイヤモンド』CMで起用された『永遠の一秒』のヒットに続き、テレビアニメ『魔法騎士レイアース』のオープニングテーマ曲『ゆずれない願い』でオリコン7週連続のチャートベスト10入りと120万枚を超えるミリオンセラーを達成、1995年のNHK紅白歌合戦に出場した。
1997年にPEARL復活。この時のメンバーは、世界的ミュージシャンである、カーマイン・アピス (Carmine Appice、ドラムス)、トニー・フランクリン (Tony Franklin、ベース)、北島健二(ギター)というメンバー。アルバム1枚とマキシシングルをリリース後ツアーを行い、そのライブビデオを発売。1998年の2ndアルバム発売を機にイーストウェストジャパンに移籍。更に2000年、ゼティマ(現アップフロントワークス)に移籍。
2003年にクラシック楽曲などをカヴァーしたアルバム『new vintage』をユニバーサルミュージックから、翌2004年に田村直美名義での活動10周年を記念したセルフカヴァーアルバム『Heaven's Here』を日本クラウンから発売した。
この時期からは、ライヴ活動をポップスの枠を超えて活発に行い、あるステージでは美空ひばりの「川の流れのように」を歌ったこともあった。また、Ichiro、GRACE(グレイス)という二人のミュージシャンと共に別ユニット『Mother』としても活動している。
2005年11月16日、5年ぶりとなるオリジナルアルバム『CRISIS』をタイトーの運営によるレーベル、エアリーミュージックから発売した。
デビュー20年間を迎える2007年1月21日に「tamuranaomi AKA sho-ta sho-ta AKA tamuranaomi」という、ベスト盤CDとその足跡を振り返るDVDを発売。また、同日にはLIVE A GO GO! 008 sho-ta a.k.a tamuranaomi tamuranaomi a.k.a sho-ta ~20th Anniversary special~ というライブが名古屋ELLにて開催。同年12月にはPEARL(第 2期)でのベスト盤リリースとELL及びShibuya O-Eastでのライブも行われた。
2008年10月22日、アルバム「Rockfield willow」をJ'sプロデュースからリリース。
本名
田村直美
性別
女性
出生地
日本・愛知県名古屋市
生年月日
1963-12-11
公式サイト
http://www.tamuranaomi.com/

田村直美の楽曲