あにから!

PENICILLIN(ペニシリン)

プロフィール

PENICILLIN
1992年2月14日、東海大学のバンドサークルにて結成。インディーズ時代から人気を誇り、ライブでは失神者が続出。インディーズながらもレコード会社3社(徳間ジャパン、日本クラウン、VAP)から同時にCDを発表する。
1996年メジャーデビュー。メジャー初の武道館公演直後、ソロ活動を発表して驚かせた。千聖のタイでの人気に伴い、アジアでの認知度が高まった。ルックスとは裏腹に、ギャグあり被り物ありと、オールマイティなキャラクターを持つ異色バンドであった。
バンドとしての活動を再開した1997年には、メディアへの露出も増え始めた。またこの頃、速報!歌の大辞テンで『DEAD or ALIVE』がランクインされた時、曲紹介のVTRの振りの際に司会の飯島直子から『メンバーの皆さんは、(一見怖そうに見える)見た目と違っていい人』と紹介された。
1998年頃からいわゆるヴィジュアルバンドブームの波に乗ってアニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」のオープニングテーマ『ロマンス』で90万枚(自己最高)を売上げブレイクし、その人気は最高潮に。
現在ではメディアへの露出は減ったものの、主に首都圏でのライブを精力的に展開。未だソロ活動も活発ながら、バンドとしても息が長く、根強い人気を誇る。2000年には韓国にてライブを行なった。
メンバー全員がソロ活動を行っており、ソロ活動においてもタイ、ロンドン、ラスベガスなど、海外でのライブ活動を行っている。音楽のみに囚われない活動の幅広さはPENICILLINの特色と言えるだろう。
インディーズ時代からずっとティアーズ音楽事務所に所属していたが、2002年に個人事務所HUMAN DOLLを設立した。事務所設立後のソロ活動は、各メンバー別々の事務所に所属している。2007年4月にHUMAN DOLLは解散し、現在はDUPLEX DEVELOPMENTS LTDに所属している(事務所設立の経緯は不明)。
バンド名の由来は、「特に意味はないが強いて言うなら、過激なイメージを出したかった」とコメントしている。10thシングルは、バンド名のアナグラムになっている(PENICILLIN→『NICE IN LIP+L』)。『NICE IN LIP+L』の仮タイトルは『白い恋人』であった。25thシングル『hyper chord / hyper kids ~東海大学物語~』と10thアルバム『BLUE HEAVEN』に収録されている「hyper kids ~東海大学物語~」では、4人が東海大学の学生だったときの珍エピソードをそのまま歌詞にしている(作詞はHAKUEI)。
2007年5月20日に行なわれたライブを持って、ベースのGISHOが脱退した。脱退理由は、本人の一身上の都合によるものである。
公式サイト
http://www.penicillin.jp/

PENICILLINの楽曲