あにから!

ウルトラマンダイナ(うるとらまんだいな)

作品情報

平成ウルトラシリーズの2作目であり、『ウルトラマンティガ』の続編である。
放映直前当時のキャッチフレーズは『究極の爆発力! 熱い闘いを見ろ!!』
前作『ウルトラマンティガ』の最終回から7年後を舞台とした続編。世界観は継承しつつも登場キャラクターを一新し、新たな未来に希望を持って進む人類の姿を描いた。また、シリーズを通して登場する敵、謎の生命体スフィアを設定している。
前作のSF要素の強いシリアスなドラマ作りに代わって本作は明るく楽しい娯楽性を徹底、怪獣の魅力とウルトラマンのパワフルさ、防衛チーム隊員同士の衝突と友情の人間ドラマを強調している。 スタッフによると本作は、初代『ウルトラマン』のような作風を目指した、あるいは第2期ウルトラの破天荒な魅力を導入したものとされている。また、野球に例えた台詞やエピソードがシリーズ各所にちりばめられていることも一つの特色である。
当初の設定は、防衛チーム隊員以外の人物がウルトラマンに変身して、旅の中で遭遇した事件を解決していくというストーリーだったが、視聴率や玩具の売り上げで高い数字を残し、ウルトラマン人気の復活を印象づけた前作『ティガ』の評価は高く、スポンサーであるバンダイ、講談社を交えた会議では、次回作が「ティガの延長でもいい」という意見も出された。そこで『ダイナ』の時代設定は、『ティガ』から数年後の「2017年」に決定。物語のエッセンスやキャラクターの一部が引き継がれることになり、作品の最終的な方向性は固まった。
放映中には劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』が公開され、以後のTVシリーズでも劇場版が製作されるのが恒例となった。さらに2001年には『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンガイア』と共にOV作品『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』が製作された。
音楽は前作に引き続き矢野立美が担当。前作でオリジナル曲が少なかったため流用曲に頼らざるを得なかったことへの反省から、本作では汎用音楽の他に必要に応じて各話ごとに楽曲が追加されることになった。そのため、楽曲の総数はシリーズ中トップクラスの多さとなり、テレビ作品ではシリーズ最多となる4枚ものサウンドトラックアルバムが発売された。ティガ関連のエピソードやティガに出演した俳優が本作にゲスト出演した時には、ティガの音楽(または、そのアレンジ版)が使用されている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2014-08-31 00:00:00 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

監督
小中和哉、石井てるよし、原田昌樹 村石宏實、北浦嗣巳、小林義明、 児玉高志、川崎郷太、服部光則、 実相寺昭雄、高野敏幸
製作
円谷プロダクション、毎日放送
放送期間
1997年9月6日 - 1998年8月29日
話数
51

ウルトラマンダイナの楽曲