( ! ) Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /virtual/ogahiro/function/common.php on line 4
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.00042373040{main}( ).../detail.php:0
20.00072379576require_once( '/virtual/ogahiro/function/common.php' ).../detail.php:2
おジャ魔女どれみドッカ〜ン! ‐ カラオケで歌えるアニソンを検索!
あにから!

おジャ魔女どれみドッカ〜ン!(おじゃまじょ どれみ どっかーん)

作品情報

卒業をテーマにした作品で、当初は完結編だった。2002年2月3日から2003年1月26日にかけて全51話(4クール)が放送された。次回予告の決めゼリフは「ピュアピュアドリームでっかくそーだて!」。第40話からアサツー ディ・ケイのクレジットがASATSU-DKからADKに変更された。オープニングの変更は第2話と第32話に、アイキャッチの変更は第31話に行われた。このシリーズのみエンディングの変更があり、第14話から第30話まで別のエンディングが流されていた。なお、前半のアイキャッチは5種類が用意された(第1話から第30話)。第3期までは「マジカルステージ」と唱える所からBGMが変わっていたが、今作のみマジカルステージを唱え始めからBGMが変わるようになった(代わりにポロンの音が出ない)。

■あらすじ
ハナちゃんはどれみママたちと一緒に小学校へ通いたいがために、自らのすべての魔力を使って急成長してしまい、水晶玉を割って魔女の資格を失ってしまった。小学6年生になったどれみたちは、ハナちゃんが魔女に戻れるよう修行を手助けすることになる。そして魔女界の女王様は、晴れてハナちゃんが魔女になったときには、どれみたちを魔女にすることを約束した(なお、ぽっぷはこのとき対象に含まれなかった。ぽっぷはハナちゃんのサポートの義務を負わず、1級の見習い試験に合格したら魔女になるということになっていた)。
一方、先々代の女王様は自らが人間界で味わった辛い思い出から生まれた「悲しみの茨(読み:いばら)」に捕らわれたまま眠り続けていた。どれみたちは、先々代の女王様の悲しみを癒す方法を見つけるために試行錯誤を繰り返すが、茨は次第に成長し、深い悲しみが魔女界や人間界を覆い、皆の気力をなくさせ始めてしまう。そうした幾多の苦難に加え、小学校卒業を前にそれぞれの複雑な家庭事情や将来のことについても悩み、答えを見つけ出していくどれみたち。
苦闘の末、どれみたちは悲しみの茨を消し、先々代の女王様を目覚めさせ、魔女ガエルの呪いも解かれた。無事課題を解決したどれみたちは、改めて魔女となるかどうするかの選択を迫られる。しかし、魔女となって魔女界に渡ることより人間界にとどまることを決意。ハナちゃんは次期女王の最有力候補として魔女界で研鑽につとめ、ともに魔女界と人間界が再び交流できるようになる日を目指すことになった。また、これに伴いマジョリカもMAHO堂を店じまいし、ララや妖精たちそしてハナちゃんとともに魔女界へと帰っていった。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2014-09-07 00:00:00 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

原作
東堂いづみ
監督
五十嵐卓哉
製作
ABC、ASATSU-DK→ADK、東映アニメーション
アニメーション制作
東映アニメーション
放送期間
2002年2月3日 - 2003年1月26日
話数
51

おジャ魔女どれみドッカ〜ン!の楽曲