あにから!

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編(きどうせんしがんだむあいあいあい めぐりあい うちゅうへん)

作品情報

劇場版「初代ガンダム」の最終章となります。
タイトルに付いている「めぐりあい」は、アムロとララァの出会い、アムロと父の再会、ミライと元婚約者との再会、ミライとスレッガーとの出会い、シャアとセイラの再会など、色々な人の出会いと、その別れを意識したものだと思います。
そして、宇宙に進出した人類が進化したとも言える、理解力や反応力の優れた人々「ニュータイプ」をめぐる戦いの表現も行われます。
宇宙要塞ソロモンの陥落、そして、宇宙要塞ア・バオア・クーの陥落によってジオン公国は和平交渉に臨み、たったの1年で人類の半数を死なせた「一年戦争」が終結するのでした。
僕的にはビーム撹乱膜、Iフィールド、ビット、ソーラレイ(コロニーレーザー)、ソーラーシステムなどの、当時のアニメでは考えられなかった独創的なSFアイテムが多数登場した事が凄いと思います。
3作目の主題歌は、前作に続き作曲、歌唱を井上大輔が担当。
タイトルは「めぐりあい」
「めぐりあい宇宙編」のストーリーを強く意識した楽曲で「誰もひとりでは生きられない」という歌詞が色々な意味を心にめぐらせる、作品にマッチした非常に良い主題歌になっています。
監督
富野喜幸
アニメーション制作
日本サンライズ

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編の楽曲