あにから!

機動戦士Vガンダム(きどうせんしヴィクトリーガンダム)

作品情報

「みなごろしの富野」という不穏な通称を持つガンダムシリーズの生みの親、富野由悠季監督による"宇宙世紀シリーズ"ガンダム。放送は1993年。

とにかくすさまじく人が死ぬ。出てくるキャラクターが最終決戦に至るまでにどんどん命を絶たれていくという壮絶なストーリー展開と、ギロチン処刑や人類総類人猿化計画(意訳なのであしからず)は衝撃的すぎた。本当にこれは子供向けアニメかと疑いたくなるレベルにヤバい。このため、賛否両論がはっきり分かれてしまううえ、批判のほうが多い作品でもあるが、人間ドラマとしての完成度は極めて高いため、見方によってはシリーズ屈指の傑作である。

なお、主人公は13歳のウッソ。13歳である。
TVシリーズでかつガンダムに乗る主人公としては最年少だ。スペシャルな少年と作中で語られるが、確かにスペシャルすぎる。なお、彼が登場するVガンダムは歴代ガンダムでも初となる「量産型ガンダム」であることにも注目しておきたい。機体をいとわない戦術はそこから生まれているというわけだ。

ちなみに本作の女性キャラはことごとく報われない。シュラク隊と呼ばれる女性エースパイロット部隊の悲劇はガンダムファンなら周知のことだろうし、なによりきれいなお姉さんであったはずのカテジナの変貌っぷりはあごが外れそうになるほど呆然となる。いろいろとおかしいが、だからこそ振り切れた面白さがあるというものである。

なんだかんだできれいにまとまった作品ではあるので、一度視聴してみることをおすすめする。批判が多い作品とはいえ、見る価値のある傑作のひとつであることには違いない。
監督
富野由悠季
製作
テレビ朝日、サンライズ
アニメーション制作
サンライズ
放送期間
1993年4月2日 - 1994年3月25日
話数
51

機動戦士Vガンダムの楽曲