あにから!

忍者戦隊カクレンジャー(にんじゃせんたいカクレンジャー)

作品情報

「スーパー戦隊シリーズ」第18作目で、1994年2月18日から1995年2月24日まで
全53話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ。戦隊側のモチーフの「忍者」や
日本古来の妖怪たちをモデルとした敵怪人など、シリーズとして初めて、
本格的な和風テイストを取り入れた作品。妖怪のデザインは既存のイメージに囚われず、
ストリートファッションを感じさせるカジュアルなものとなり、戦闘シーンにおいては、
アメリカンコミックスのような擬音吹き出しを取り入れるなど独自の演出がなされた。

戦国時代、忍者達は人間界を征服しようと企む、妖怪達と激しい戦いを繰り広げていた。
戦いの末、鶴姫を筆頭とする5人の隠流忍者が伝説の三神将より与えられた「封印の扉」
へ、敵の総大将ヌラリヒョンと膨大な妖怪エネルギーを閉じ込めることに成功。
妖怪達は指導者と力を失い、衰退する。

それから400年が経ち、今は一般人として暮らしている隠流の末裔たち、
猿飛佐助の子孫・サスケと霧隠才蔵の子孫・サイゾウの二人は妖怪カッパに騙され、
「封印の扉」を開けてしまい、妖怪たちが復活。
先祖代々「封印の扉」を見守ってきた鶴姫家の24代目・鶴姫は封印の5忍者の末裔、
サスケとサイゾウ、セイカイ、ジライヤを集め、ともに「カクレンジャー」として
妖怪の再封印を決意した。

第24話までを第1部とし、第25話以降は第2部「青春激闘編」の2部構成になっている。
第1部では敵が組織として設定されていないことや、ナレーションの代わりとして
落語家の三遊亭圓丈が扮する講釈師が設定されているのが特徴。
原作
八手三郎
監督
小林義明 他
製作
テレビ朝日
放送期間
1994年2月18日 - 1995年2月24日
話数
全53回

忍者戦隊カクレンジャーの楽曲