あにから!

EasyPop(いーじーぽっぷ)

プロデューサー情報



エレクトロポップやトランス、ユーロビートなど、ボーカロイドを用いない
ダンストラックなども制作しているボーカロイドプロデューサー。
インスト曲なども人気があり、また、ボーカリストのHirokoを迎えてのオリジナル曲や、
歌い手とのコラボなど、活動ジャンルはボーカロイドのみにとどまらない。

高いクオリティを誇り、ポップで若者受けしそうな曲にも関わらず、
再生数に伸び悩んでいた時期もあったが、巡音ルカ歌唱の「君恋し」がランキング上位に
食い込み始めると、次第に注目を浴びるようになる。

彼の楽曲で爆発的ヒットを誇ったのが、初音ミクと巡音ルカのデュエット曲、
「ハッピーシンセサイザ」。投稿直後から話題になり、「踊ってみた」などでも
大人気となり、ついにはダブルミリオンを達成した。
ふんわりとした可愛らしい一枚絵のイラストも人気を博している。

エレクトロポップ/トランス/ユーロビートなどダンストラックを中心に製作しており、どこか懐かしくキャッチーな音作りや衒いのない安心出来るメロディに定評がある。使用VOCALOIDは巡音ルカ、初音ミク、メグッポイド、開発コードmiki。VOCALOID以外では、インスト曲やボーカリスト・Hiroko(⇒Sol Levante)を迎えてのオリジナル曲もニコニコに投稿されているほか、歌い手・uMi等とのコラボや自身で"歌ってみた"動画も多くある。

動画を上げる際はpiapro等からの一枚絵+歌詞の構成をとっているが、特にキキ(絵師)との組合せが多い。

「埋もれるのは趣味です\(^o^)/」(※失恋ディスコの投コメより)と自身言っているように、曲のクオリティやそのポップさ、マイリス率とは裏腹になかなか再生数が伸び悩んでいた一面もあった。しかし2010年1月8日投稿の【巡音ルカ】 君恋し 【オリジナル曲】がVOCALOIDカテゴリランキングで15位となったほか、週間VOCALOIDランキング#120でも16位を獲得し、「知る人ぞ知る実力派」的位置から次第に注目を集め始めるようになる。その後、2010年09月21日に投稿された【ルカ GUMI ミク】 マイルームディスコナイト 【オリジナル曲】が週刊VOCALOIDランキング#156にて初登場7位を記録、カテゴリランキングでも最高3位というスマッシュヒットとなり、初のVOCALOID殿堂入りを果たした。この快挙により認知度が飛躍的に高まったか、2010年11月22日投稿の【巡音ルカ GUMI】 ハッピーシンセサイザ 【オリジナル曲】は投稿直後から各所にて話題を攫い、「踊ってみた」等でも一大流行を作った結果、ミリオンを超えるビッグヒットに成長している。

ニコニコ大百科より引用

EasyPopの楽曲