あにから!

串田アキラ(くしだあきら)

プロフィール

神奈川県横浜市出身の歌手。1980年代後半から1990年代にかけては本名で活動していた。

1969年、「からっぽの青春」で東芝EXPRESSレーベルよりデビュー。NHKの音楽番組『ステージ101』のオーディションに合格し、「ヤング101」の初期メンバーとして活躍した。
1979年公開の映画『マッドマックス』の日本版エンディング「Rollin' Into The Night」の主題歌を歌唱。同曲を聴いた渡辺宙明に声が気に入られ、『太陽戦隊サンバルカン』(1981年)の主題歌を担当することになった。
以後、『宇宙刑事ギャバン』『キン肉マン』をはじめとする数多くのアニメ・特撮の主題歌や挿入歌を歌い、アニソン歌手としての地位を確立した。また、CMソングも多数歌っており、特に富士サファリパークのCMソングは20年以上にわたりオンエアされ続けている。
その後もアニメ・特撮ソングのボーカリストとして第一線で活躍しつつ、R&Bシンガーとしても継続的にライブ活動を行っている。2006年には新たにバンド「SHAFT」を結成した。

■エピソード
特撮界においては、宮内タカユキ、石原慎一とともに、スーパー戦隊シリーズ・仮面ライダーシリーズ・メタルヒーローシリーズの東映3大特撮シリーズ全てで主題歌を歌った数少ない歌手である。特にメタルヒーローシリーズにおいては、同シリーズ最多となる計5作品で主題歌を担当している。なお同年代に活躍したMoJo、宮内タカユキとは特に親交が深い。
富士サファリパークのCMソングは大体「和田アキ子か松崎しげるが歌っている」と勘違いされてしまう。本人は日本テレビのTHEワイドのインタビューで、声が似ていることについてはあまり自覚していないと語っているが、たびたびネタにされる(串田のことを知らない人に「富士サファリパークの歌を歌う○田アキ○の○は何か?」という問題を出すとほぼ100%「和・子」と答える、など)。最近では自らネタにすることもあり、歌う前に「和田アキ子じゃありません!」と冗談交じりに言うこともある。知名度の高さ故自分の事を知らない人に対して自己紹介代わりに歌い、歌い終わると「この歌は知っている」と言われる事が多い。
仕事を共にする相手の芸歴や年齢に関係なく、敬語を用いて丁寧で紳士的な話し方をするのが特徴。ラジオや雑誌のインタビュー等、歌以外の仕事でその様子を確認できる。
下田麻美の超ラジ!Girls(#33〈2009年5月18日〉)にゲスト出演した際、ガチガチに緊張している下田麻美に対して極めて丁寧かつフレンドリーな物腰で接し、「替え歌ステーション」というコーナーでは、自身の持ち歌「キン肉マン Go Fight!」の替え歌を力強く熱唱するなど、柔和でノリの良い人柄を見せている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

本名
串田 晃
性別
男性
出生地
神奈川県横浜市
生年月日
1948-10-17
公式サイト
http://www.snowkey.net/Qu-cy/

串田アキラの楽曲