あにから!

宇宙刑事ギャバン(うちゅうけいじギャバン)

作品情報

1982年(昭和57年)3月5日から1983年(昭和58年)2月25日までテレビ朝日系で毎週金曜19:30 - 20:00に全44話が放送された、東映制作の特撮テレビ番組。
1981年、「ウルトラシリーズ」(『ウルトラマン80』)と「仮面ライダーシリーズ」(『仮面ライダースーパー1』)が一旦終了し、毎週放映される特撮テレビ番組は「スーパー戦隊シリーズ」(当時の『太陽戦隊サンバルカン』)だけになった。翌1982年、従来のシリーズに頼らない新しいヒーローとして開始された番組が本作品である。「宇宙刑事シリーズ」三部作の第1弾であり、それを含む「メタルヒーローシリーズ」の第1弾となった。ほぼ同時期には後に「東映不思議コメディーシリーズ」と呼ばれる『ロボット8ちゃん』も企画されており、共に東映特撮に新風を吹き込むことになる。
本作品の企画のきっかけとなったのは、宇宙のどこかで金属質のヒーローが剣を持ってたたずむ姿を描いた村上克司による一枚のプライベートイラストである。このイラストを見た東映の吉川進は、天才的デザイナーの石ノ森章太郎を欠いた顔ぶれで『仮面ライダー』を超える単体ヒーローの創造に挑戦する上で、大きな戦力となると判断した。
企画当時のタイトルは「宇宙刑事Z」で、正式な設定上の武器であるレーザーZビームとコンバットスーツにZの文字を彷彿させる黒のラインに名残がある。またこれ以外にも「ギンジロウ」「ギンブリッド」などのタイトル案があった。決定名称「ギャバン」はフランスの俳優ジャン・ギャバンからとった。著名な西洋人俳優の名を借りた理由は、既存の商標登録を回避しようとすると長い名前になってしまうので、日本語名称が使いづらいためである。この命名路線は『時空戦士スピルバン』まで継承された。
主演にはスーパー戦隊シリーズ『バトルフィーバーJ』・『電子戦隊デンジマン』で戦隊メンバーを演じ、当時のJACでエース格の大葉健二が起用され、変身前でも過激なアクションシーンが盛り込まれた。大葉によれば本作品は「スポンサーが年月をかけ温めに温めた念願の作品」であり、「テレビ局、東映のプロデューサーの方達が自分の首を賭けている作品」である。また鈴木武幸によると「過去最高の制作費を投入」した作品であり、「凶と出たら、2度と特撮の新ヒーローは生み出せないほど」の予算額だったことを後に述懐している。
技術的にも後述する真空蒸着技術がスーツ製作に応用された他、それまで実験的に使われていた東通ecgシステムのビデオ合成がふんだんに取り入れられているなどといった試みがなされている。
元々、画期的な番組として注目され、放映開始時および続編に大葉健二がギャバン隊長として出演すると決まった時にはワイドショーで記者会見の模様が放映されるなど、注目を集めていた。第43話は反響が特に大きく東映に電話などが殺到したという。
一方、大葉によるとテレビ局からスタッフに「視聴率が二桁以上行かなければ首だ」という条件が課せられる。これは本枠は『キャンディ・キャンディ』以降、主人公は女ばかりであり、本作品は「男のヒーローでは弱すぎる!」とテレビ局から懸念されていたためである。このような状況の中で本作品は成功し、平均視聴率は14.9%と前番組である『ハロー!サンディベル』の12.1%を上回った。また大葉によると「裏番組と1・2位の視聴率で戦えた」としている。最高視聴率は第24話の18.6%。
番組開始から30周年を迎えた2012年10月20日には、新作の劇場版『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が公開された。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2014-08-23 00:00:00 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

原作
八手三郎
監督
小林義明 他
製作
テレビ朝日
放送期間
1982年3月5日 - 1983年2月25日
話数
44

宇宙刑事ギャバンの楽曲