あにから!

山形ユキオ(やまがたゆきお)

プロフィール

山形ユキオ

歌手を志し高校卒業後に上京。高校時代の担任の勧めで東京音楽学院に入学し、音楽を学ぶ。その後バーの従業員やバンドボーイとして下積みをし、ロックバンドを結成(後の「トッシュ(TUSH)」)。またソウルバンドを組んで米軍キャンプ等で歌っていた経験もある。
1981年に、山本正之からの声掛けにより5人組バンド「トッシュ」としてテレビアニメ『ヤットデタマン』の主題歌を担当。前田よしひろとのツインボーカルで歌唱を担当し、これをきっかけにアニメソング・特撮ソング歌手としての活動を開始。
アニメイベントに参加する中で81プロデュースと関わった事で演劇に興味を持ち、同事務所に所属。そこで声優・演出家の野沢那智に誘われたことをきっかけにミュージカル俳優として活動を開始。野沢が主宰する「劇団薔薇座」に参加し、ミュージカル『飛べ!京浜ドラキュラ』で俳優デビューを果たす。その後ミュージカル『ミス・サイゴン』のオーディションに合格し、以降多くの舞台・ミュージカル作品に出演。
代表曲はテレビアニメ『銀河烈風バクシンガー』のオープニングテーマ「銀河烈風バクシンガー」(1982年、坂部悟とのデュエット)、テレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のオープニングテーマ「ウィニング・ラン! -風になりたい-」(1996年)、特撮テレビドラマ『百獣戦隊ガオレンジャー』オープニングテーマ「ガオレンジャー吼えろ!!」(2001年)など。
日焼けした褐色の肌と、喉の奥から絞り出すかのような野性味あふれるハスキーボイスが特徴(生まれつきのものではなく、ソウルを歌うために作り上げた)。肌に関しては当初『ミス・サイゴン』の役作りのために始めたものだが、現在も日焼けサロンに通うなどして維持している。『有吉反省会』(2014年6月29日放送回)には「色が黒いことを反省する」という名目で出演し、肌の色を「日本人の限界を超えている」「例えるならドングリの表皮」とコメントされた。代表曲「ガオレンジャー吼えろ!!」はその(特に出だしの)パワフルさ故に、イベントで歌った際にその声に怯えたりビックリした子供に泣かれてしまったという逸話を持つ。
一部履歴にロックバンド「ハリマオ」のボーカルとしても活動していたと記述されていたが、本人のtwitterによって否定されている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2015-07-04 00:00:00 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/

本名
山形 幸生
性別
男性
出生地
福岡県
生年月日
0000-00-00

山形ユキオの楽曲