あにから!

モンスターファーム

作品情報

テクモのコンピュータゲームである『モンスターファーム』および『モンスターファーム2』を原作とするテレビアニメ作品である。
中部日本放送(CBC)制作・TBS系列で放送。アニメーション制作は東京ムービー(キョクイチ東京ムービー→トムス・エンタテインメント)名義。それまで旅番組枠だった土曜7時30分から8時00分(JST)の枠は、この番組からアニメ枠に転換された。
東京ムービーのテレビアニメで最初にデジタル彩色を導入した作品であり、3DCGが随所に採り入れられている。

・第1期(円盤石の秘密)
1999年4月3日 - 2000年3月25日(全48話)
前週の特番を経て放送されたモンスターファーム初のテレビアニメ。原作は育成ゲームであるが、ファームでのモンスター育成の要素は全く取り入れておらず、冒険主体のストーリーとなっている。独自のシビアな世界観や設定を作り出している。朝の放送枠ではあるがモンスターの死を描いたストーリーが多く、人の業を多く描いたのも本作品の特徴である。メインキャラクター7人の個性や役割を明確に分け、特徴をそれぞれわかりやすくしたことも特徴的で、ダチョウ倶楽部やつボイノリオなどのタレントも声優として出演していた(特につぼイは続編でも同じ役柄を演じている)。反面、作画は安定していない部分がある。
主題歌は同じ制作会社による「名探偵コナン (アニメ)」で前例のあるビーイング(GIZA studio)アーティストを起用している。
同時期に平行して月刊少年ガンガンにて幸宮チノにより漫画連載された。幸宮側には前田実によるデザイン設定が主要キャラクターのもの以外は届かなかったため、アニメ版とは一部キャラクターのデザインが異なっている。

・第2期(伝説への道)
2000年4月1日 - 同年9月30日(全25話)
第1期『円盤石の秘密』からそのまま続いて放送された続編。今作は目標がレジェンド杯に優勝して、ガイアを取り戻すことに切り替わっており、ゲームを意識した大会におけるバトルシーンを意識して描いていた。ただし、実際のゲームとは設定が異なっている。視聴率も前作に比べて低迷し、半年で打ち切られ、後番組への制作に移行してしまった。そのため、OPで描かれた四天王との再戦(再会は全て描かれた)がいくつか叶わない結果となっている。本作品の最後に変更されたOPの映像は、唯一本編に一つとして映像が流用されず、完全なOP専用のアニメーションとして初めて描かれたものが使用された。使用されたのは終了間際のわずかな期間の話であった。
原作
モンスターファーム、モンスターファーム2
監督
矢野博之
アニメーション制作
キョクイチ東京ムービー(第1期)
トムス・エンタテインメント(第2期)
放送期間
中部日本放送(第1,2期)電通(第1,2期)
キョクイチ東京ムービー(第1期)
トムス・エンタテインメント(第2期)
話数
第1期:1999年4月17日 - 2000年3月25日
第2期:2000年4月1日 - 9月30日

モンスターファームの楽曲