あにから!

あしたのジョー

作品情報

日本スポ根アニメの中でも特筆すべき評価を得ているボクシングアニメ。
原作はちばてつや/梶原一騎による漫画で、おそらくほとんどの日本人が耳にしたことくらいはあるだろう。僕は原作からアニメに入ったクチだが、アニメもまた素晴らしいほどの完成度を誇っている。

主人公が負けることが多い作品で、当時のスポーツ漫画としては非常に珍しいのは主人公が負けっぱなしで終わってしまうということ。従来のスポ根漫画ならば、負けても努力して特訓したのちに再戦し打ち負かすというのがセオリー。にもかかわらず、この演出を取り入れたことに原作者の革新的意欲が感じられる。

特に有名なのは、主人公の矢吹丈とライバルの力石徹が戦った試合。
減量によって骨と皮だけになった力石との激闘の末、力石がアクシデントで死亡。その死を悼んだファンたちによって葬式が執り行われるなど、社会現象にまで発展した。

命を削ってボクシングにすべてを注ぎ込むほどに鬼気迫る丈や力石の姿や、カーロス・リベラとの激戦、ハングリー精神の塊である金竜飛、絶対的王者ホセ・メンドーサとの決戦など、見どころが多すぎてひとつを紹介することができないほど。
すべてのキャラクターにバックヤードがあり、それらを描きながら壮絶な試合が繰り広げられていく。荒々しいタッチのアニメーションだが、だからこそボクシングに命を燃やす男たちの生きざまが映えるというもの。

ボクシング漫画の先駆けにして最高傑作と称されるが、それも納得の傑作だ。
原作
原作:高森朝雄・作画:ちばてつや
監督
出崎統
アニメーション制作
虫プロダクション
放送期間
1970年4月1日 - 1971年4月29日
話数
79

あしたのジョーの楽曲